ついに退院!待ってましたの快気祝い!

高級寿司

さぁ、今日は朝からパパのテンションが高い!朝に妻より正式に退院できるという連絡が入ったのでした。退院がいつになるか先が見えずに、ちょっと萎えていたものの、急にその日がやってきました。うれしいものです。今日は私は仕事を休んで妻を迎えに行くことにしました。朝からハイテンションのパパをしり目に、息子はマイペースで起きて、マイペースで食事です。いじわるパパは今日もサプライズするために、息子にはママの退院を伝えません!(w)

子供の登園後、すぐに病院に向かいます。例にもれず、煩雑な退院手続きに時間をとられ、気づけば早くもお昼直前。タクシーで帰路に就くわけですが、快気祝いに行こうということで、質素な病院食から一番最初に食べたいものは「寿司」とのことでお昼からちょっと高級なお店に。開店まで少し時間があるとのことなので、神社にお見舞いをして普段買うことのないお守りを購入。寿司屋さんでは、豪華に一番高いものを注文。二人して今の幸せをかみしめたのでした。
高級寿司

今日は少しでも早くに息子に喜んでもらいたいので早くに迎えに行こうと思いながら、息子もパパも長らく口にできていなかったママの手作り料理が恋しいわけです。なので、料理だけはしてもらおうと夜の買い出しに。食べたいものは息子の欲求ではなく、パパの一存でグラタンに。買い物を終えて、息子を迎えに。いつもより早いパパのお迎えに大興奮で走り回っております。そのすきを見て、先生にはこっそり妻が退院したことを報告。一緒に喜んでくれたのでした。サプライズの旨も伝えたので、二人でこっそりと。

自宅に帰るまでは、ママのお見舞いに行けるつもりでご機嫌だった模様。ただ、この前までは保育園に行ったらそのまま病院に向かったのに、なぜか家に帰ることに疑問を持った感じ。結構、そういうところは敏感なんだなぁ。でも、とりあえずは内密にして帰宅。ドアを開けるとそこには愛するママが。喜びがあふれすぎて、今回もまた表現しきれない様子です。言葉が出てこず、体でも何を表したらよいかわからず。結果、ママから抱き着かれながらもソファの上をただただびょんびょん飛び跳ねるのでした。
喜ぶ息子
徐々にママがいることの幸せ、安心を実感したのかそれまで話しきれなかったことを、それはもう長く語ってくれたのでした。

夕食はママの手作りグラタン。この味ありがたや。普段食が進まない息子も、今日こそはとばかりにがっついています。ママ手料理ってすげぇな。
グラタン

無事に単独イクメン生活は7.5日をもって終了したのでした。

この日々を振り返ってみて、ママの存在の偉大さを感じました。日ごろ、お互いにぶつかることや不満に感じることも多々あるけれど、やはりママの存在というのは子供にとって必要不可欠だと実感させられる日々でした。普段、そういうことを感じることはないし、きっとこれまで通りの生活をしていたら、こうした当たり前のことに気付かなかったかもしれません。自分自身も父親としての自覚が強くなったし、少しはイクメンに近づけたかなぁという自信も持てました。まだまだですがね。息子への愛も深まり、息子との絆も強くなりました。妻とも同様です。こうした日々を送れたことを今となっては感謝ですし、こうした経験をしたものだからこそ伝える責任があると思い、拙いながらもこうした日々をここに記してきました。世の中にいる、イクメン、シングルファーザーを応援し、もっと増えるようにしていきたい。そしてその結果として、女性の気持ちをより理解できる世の中にして、もっと女性が生き生きとした毎日を送れる世の中したい。そう強く思うきっかけとなりました。今後も、未熟ながらもイクメンとして日々奮闘して、世の中に伝えていきたいと思っています。