梅雨空のイクメン

梅雨

ママ不在の初の朝を迎えます。いつもより緊張感をもっての起床って感じ。私はよく寝れなかったわけなのです。
初の子供との二人朝食は、前日夜に不安感が増したばかりに、某コンビニのおにぎりを買いだめしていたのでした。息子をいつもように起こそうとするもいつものように寝起きが悪くご機嫌ナナメ。そんな中、ママに今日は会いに行くよと伝えると急にシャキッとするのだからママパワーとはすごいものだと再確認。
ちゃんとおにぎりを食べ終えて、急いでお仕度。
おにぎり
なんといっても今日は私が朝から夕方までみっちり仕事が入っているのです。なんとか夕方は私が抜けても大丈夫なように調整できたから少し安心はしているものの、仕事と育児を両立するということのまさしく初体験なわけです。

無事に保育園への送迎も終わり仕事へ。普段通りの仕事とは思いながらも、どうしてもその夜のスケジュールなどをどうしたものか構想しながらになってしまうので、普通の仕事だと集中力ブレブレでやばいものです。
・仕事を終えてからうちに帰るまでの時間とやること
・家に帰ってから着替えて保育園までに行くまでの時間とやること
・保育園から病院までの時間とやること
・病院行って帰るまでの時間とやること
・帰りの食事をどうするか
考えだしたらとにかくキリがないわけで・・・でも、頭の中はそんなことばかりが巡るわけです。

仕事を仲間に任せて、一人早めに終えて即家路へ。予定通りのスケジュールで保育園で息子を迎えに行くと、ママに会える期待感からいつも以上の元気の良さ!この元気に少し心が救われた感があるわけです。

期待感いっぱいの息子を連れてママの待つ病院へ。帰宅ラッシュの乗り慣れない電車と乗り換えで少しアタフタしたものの、ママへの会いたい気持ちもあって小雨の中、小走りで無事に到着。実母がお見舞いに同行するとのことで、待ち合わせてママのいる病棟へ。

ママの顔を見るなり大喜びするかと思いきや思った以上に照れだす始末。
照れる
あまりのうれしさを通り越すと表現しきれないのでしょうね(笑)。その後は大泣きしたのがウソかのような晴れ渡った笑顔。よかったよかった。あまり長い時間会うこともできないので30分程度で帰宅の途へ。また、ぐずるかなぁと思いきや、いやはやママの前では強がってか、はたまたあった喜びからトランス状態に入っているのか、平然と「バイバーイ」と言ってくれたのでした。前日の子供が抱えていた不安も無事に払しょくできたと安心して病院のエントランスまで来たところ、、、数分前までの状況がウソかのように「ママに会いたい」の連呼が始まるではないですか。子供ってこうなんだなぁって感じさせられる感情の起伏。がんばろうとしてくれているんだなぁと、普段なら騒がしいと叱りそうなところも、ついつい甘やかせてしまうもの。

実母と一緒にだましだましで、今日も大好きで大興奮する新幹線の回転ずしへ。
回転寿司
ただ、こんな日に限って並んでいるわけです。普段も並んでいるのですが、今日はなんだかいつも以上に並んでいるように思ってしまうわけですね。待っている時間の60分間で「ママがいい」の連呼はおそらくギネス級。やっとのことで、入店するもいつもなら自分から進んで注文したり食べたりしているのに、全くそのそぶりがない。いつもの元気がなく、口を開くと「ママがいい」。すごいなぁ、そうだよなぁと思いながら夕食をなんとか終了。

強くなった雨の中、実母と別れ二人で住まいへ。寝る準備をしてからも息子のママを求める声はやむことはなく。最後にはダムが堰を切ったかのように大泣き、大涙。泣き止む気配がないので、最終手段のママ電話。これで納得したのか、何とか泣き止んでクリームパンを食して少しはご機嫌に。その後は、ぐっすりと眠りについたのでした。

帰宅後、妻から病院食を送ってくれていたのです。質素だなぁ。でも、はやく元気になりますように。
病院食(二日目)

なんとかかんとか無事にイクメン二日目終了。さぁ、三日目どうなるか。